ユーザID  パスワード 

最新のエコアイデア

エコアイデア一覧

ホットカーペット(電気カーペット)の下にアルミの断熱シートを敷く

暖房 2011年4月30日

こたつの敷き布団やホットカーペット(電気カーペット)の下に断熱シートを敷くと、熱が床に逃げにくくなり、消費電力を減らすことができます。
こたつの場合には、直接敷き布団の代りにしてもいいのですが、銀色で反射がまぶしいので、布を1枚かけておくといいです。

ホットカーペットや、こたつは、定格消費電力は500W程度ですが、常時ONになっているわけではなく、温度センサーを使ってON・OFFの制御をしています。熱が逃げにくくなると温度の高い状態が維持でき、ONの時間が短くなります。こうして、熱を下に逃げないよう断熱マットをしくと、省エネになります。

また夜寝るときにも、敷き布団の下にアルミの断熱シートを敷くという使い方もあります。
ホットカーペットを使わなくても、アルミ断熱シートを敷いて、その上に布(毛布など)を敷いておくと、それだけでも暖かく感じます。もともと、キャンプで暖かく過ごすためによく使われていた方法です。



前のエコアイデア  |  一覧  |  次のエコアイデア