ユーザID  パスワード 

最新のエコアイデア

エコアイデア一覧

緑のカーテンは効果的

冷房 2011年7月4日

夏の暑さをしのぐのには、日射をうまく避けることが大切です。

日中は太陽の高度(角度)が高いので、南向きの窓から日が差し込むことは少ないのですが、西や東面からは真横から日がさしこんできます。よく西日対策と言いますが、朝日も同じだけ熱を運んできますので、注意してください。

対策としては、すだれやよしずなどで、日射を防ぐこと。ゴーヤ(にがうり)などを網に這わせて、緑のカーテンをつくることも注目されています。育つのに2~3ヶ月ほどかかるので、暑くなってから取り組もうと思っても難しいのですが、これがかなり効果があります。

通常のビルの側面(西側)が40℃以上の温度になっているのに対して、ゴーヤの葉っぱ表面は35℃程度と、5℃ほど低くなっています。影になっている部分はもっと温度が低くなっています。下の写真は、左がサーモグラフィーという表面温度を色で表示するカメラで測定したものです。ちょうどカーテンの部分が温度が低くなっているのがわかります。

 

  グリーンカーテン写真

日射を防ぐためには、カーテンも有効とされていますが、カーテンですと部屋の中のカーテンが熱くなってしまいますので、効果は半減になります。



前のエコアイデア  |  一覧  |  次のエコアイデア